コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨無し コチナシ

デジタル大辞泉の解説

こち‐な・し【骨無し】

[形ク]
不作法である。無礼だ。
「悩ましくなむ、と事無しび給ふを、しひて言ふも、いと―・し」〈・手習〉
無骨だ。無風流だ。
「男なんどは―・うもぞおぼしめす」〈平家・一〇〉

こつ‐な・し【骨無し】

[形ク]こちなし」に同じ。
「田舎男にて、―・き様の風情にて、舞を舞ひ給へとこそ申しつらめ」〈義経記・六〉

ほね‐なし【骨無し】

身体を支える骨がないかのように、姿勢を保てないこと。
意志信念などがないこと。また、その人。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こちなし【骨無し】

( 形ク )
無骨だ。無風流だ。気がきかない。ぶしつけだ。こつなし。 「しひて言ふもいと-・し/源氏 手習

こつなし【骨無し】

( 形ク )
こちなし 」に同じ。 「 - ・き様の風情にて舞を舞ひ給へとこそ申しつらめ/義経記 6

ほねなし【骨無し】

骨がないこと。
気骨がないこと。自分の主義・主張がないこと。また、その人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

骨無しの関連キーワードチキンナゲットピア ザドラ身体姿勢主張気骨主義

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

骨無しの関連情報