高取山(読み)たかとりやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良県中部,竜門山地西部にある山。標高 583m。山頂付近に,南北朝時代,越智氏築城に成る高取城跡 (史跡) があり,山腹にかけて天守閣跡などの遺構が残っている。山麓に近世城下町として発展した高取町土佐がある。西側山腹には浄瑠璃歌舞伎の『壺坂霊験記』で有名な壺坂寺 (正称南法華寺) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android