コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高坂王 たかさかおう

2件 の用語解説(高坂王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高坂王 たかさかおう

?-683 飛鳥(あすか)時代の官吏。
壬申(じんしん)の乱(672)の際,飛鳥京の留守司として大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)の駅鈴発給の要請を拒否する。のち大伴吹負(おおともの-ふけい)の攻撃をうけて屈服し大海人軍にしたがった。天武天皇12年6月6日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高坂王

没年:天武12.6.6(683.7.5)
生年:生年不詳
7世紀後半の皇親。壬申の乱(672)のときに近江朝廷方の「倭京」留守司を務めていた。大海人皇子(のちの天武天皇)方に対抗して飛鳥寺西にあった槻の下に陣を敷き,大海人皇子の要請を拒否して駅鈴を発給しなかったが,大伴吹負の攻撃を受けて大海人皇子に降った。その後の消息は明らかでないが,三位で死去した。

(橋本義則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高坂王の関連キーワード壬申の乱石川王出雲狛朴井雄君大伴馬来田佐味少麻呂田中足麻呂調淡海美濃王若桜部五百瀬

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone