高坂王(読み)たかさかおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高坂王 たかさかおう

?-683 飛鳥(あすか)時代の官吏。
壬申(じんしん)の乱(672)の際,飛鳥京の留守司として大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)の駅鈴発給の要請を拒否する。のち大伴吹負(おおともの-ふけい)の攻撃をうけて屈服し大海人軍にしたがった。天武天皇12年6月6日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高坂王

没年:天武12.6.6(683.7.5)
生年:生年不詳
7世紀後半の皇親。壬申の乱(672)のときに近江朝廷方の「倭京」留守司を務めていた。大海人皇子(のちの天武天皇)方に対抗して飛鳥寺西にあった槻の下に陣を敷き,大海人皇子の要請を拒否して駅鈴を発給しなかったが,大伴吹負の攻撃を受けて大海人皇子に降った。その後の消息は明らかでないが,三位で死去した。

(橋本義則)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android