コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高富藩 たかとみはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高富藩
たかとみはん

江戸時代,美濃国 (岐阜県) 山県郡高富地方を領有していた小藩本庄氏が1万石で宝永6 (1709) 年各務 (かがみ) 郡岩滝から移り,廃藩置県にいたった。譜代,江戸城菊間詰。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高富藩
たかとみはん

江戸中期以後、美濃(みの)国山県(やまがた)郡高富(岐阜県山県市)に置かれた譜代(ふだい)藩。領有する1万石のうち、7000石は美濃国、3000石は下野(しもつけ)国(栃木県)にあった。1705年(宝永2)藩主本庄道章(ほんじょうみちあきら)が美濃国に6000石を加増されて1万石となり、各務(かかみ)郡岩滝(いわたき)に陣屋を構えたが、09年高富に移し、高富藩として成立。道章以降、9代を数える。安政(あんせい)年間(1854~60)に倹約を中心とした藩政改革を行ったが、藩財政の窮乏は好転しなかった。1871年(明治4)廃藩となり、高富県を経て岐阜県となる。[渡辺和敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高富藩の関連キーワード大河内輝充本庄道倫本庄道利本庄道信本庄道堅本庄道昌本庄道貫本庄道美本庄道章本庄道矩本庄道揚本庄道芳江戸時代片桐貞利

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android