コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高富藩 たかとみはん

2件 の用語解説(高富藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高富藩
たかとみはん

江戸時代,美濃国 (岐阜県) 山県郡高富地方を領有していた小藩。本庄氏が1万石で宝永6 (1709) 年各務 (かがみ) 郡岩滝から移り,廃藩置県にいたった。譜代,江戸城菊間詰。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高富藩
たかとみはん

江戸中期以後、美濃(みの)国山県(やまがた)郡高富(岐阜県山県市)に置かれた譜代(ふだい)藩。領有する1万石のうち、7000石は美濃国、3000石は下野(しもつけ)国(栃木県)にあった。1705年(宝永2)藩主本庄道章(ほんじょうみちあきら)が美濃国に6000石を加増されて1万石となり、各務(かかみ)郡岩滝(いわたき)に陣屋を構えたが、09年高富に移し、高富藩として成立。道章以降、9代を数える。安政(あんせい)年間(1854~60)に倹約を中心とした藩政改革を行ったが、藩財政の窮乏は好転しなかった。1871年(明治4)廃藩となり、高富県を経て岐阜県となる。[渡辺和敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高富藩の関連キーワード山県岐阜県大垣市青野町岐阜県美濃市泉町岐阜県美濃市上野岐阜県美濃市曽代岐阜県山県市高富高富〈町〉岐阜県美濃市殿町岐阜県美濃市前野岐阜県美濃市蕨生

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone