コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高床建築 たかゆかけんちく

2件 の用語解説(高床建築の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高床建築
たかゆかけんちく

地面や水面より高い位置に床のある建物。杭上住居もこの1種で,竪穴,平地住居に対する。日本では弥生時代に造られた防湿,防鼠のための倉庫と考えられる建築物が最も古いとされていたが,1997年に富山県桜町遺跡で約 4000年前 (縄文中期末) 頃の大型高床建物の柱などが大量に出土し,縄文時代にも高床建築のあったことが証明された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たかゆかけんちく【高床建築】

高床の構造をもつ建築。熱帯地方の住居や、日本の神社建築、古代の倉庫などに見られる。弥生時代に現れ、貴人の住居や倉として建てられた。神社建築の祖型となり、また寝殿造りの形式に重要な役割を果たした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高床建築の関連キーワード仰角上昇低空床の間付き俯角楼台高設栽培変晶系列ハイアンカーバイシクルキック

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone