コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山木遺跡 やまきいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山木遺跡
やまきいせき

静岡県伊豆の国市にある弥生時代後期の遺跡。狩野川流域の低湿地に位置し,これまでの発掘調査によって水田址水路畦畔など水稲耕作に伴う遺構が発見された。保存状態が良好なため,当時の水田経営の技術や農具,生活用具を理解するうえで大きな成果をもたらした。静岡県登呂遺跡とともに大規模な農耕集落として注目されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

山木遺跡【やまきいせき】

静岡県韮山町(現・伊豆の国市)にある弥生(やよい)後期の低湿地遺跡。1950年調査され,水田跡が明らかになった。皿,鉢などの什器(じゅうき),鍬(くわ),田下駄,杵(きね)などの農具,舟,弓など多数の木製品出土
→関連項目田舟韮山[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまきいせき【山木遺跡】

伊豆半島を縦断する狩野川中流域の右岸,源頼朝挙兵で名高い静岡県田方郡韮山町山木にある弥生時代後期およびそれ以降の遺跡。山木部落の北方500m付近で,排水路工事中に大量の木製品が発見され,1950年発掘調査が行われた。その後,開発が進むにつれて67年,75年,76年と発掘調査が続き,遺跡の範囲も4万~6万m2に及ぶと推定できるようになった。集落の形態については,なお不明な点が多いが,杭や矢板を使った水路や畦畔(けいはん)の跡が,広い範囲で確認されており,静岡市登呂遺跡と同じような水田が広がっていたようすがうかがわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やまきいせき【山木遺跡】

静岡県伊豆の国市韮山にらやま山木にある弥生後期の水田跡と古墳前期の集落。高坏たかつき・鋤すき・田下駄たげたなど多量の木器が出土。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山木遺跡
やまきいせき

静岡県伊豆の国市山木に所在する弥生(やよい)後期の遺跡。狩野(かの)川支流、洞(ほら)川流域の後背湿地に営まれた登呂(とろ)型の水田遺構である。1950年(昭和25)木下忠(きのしたただし)が発見して以来、後藤守一、八幡(やはた)一郎による7回の発掘調査によって、全長100メートルを超える畦畔(けいはん)・水路の存在や、畦畔がT字状、鉤(かぎ)の手状に曲がっている部分も明らかにされている。弥生土器(山木式土器)や石器のほか、多様な農耕具、生活用具、建築用材も発見されている。遺跡からの出土品のうち239点は「山木遺跡の生産・生活用具」として国指定重要有形民俗文化財であり、韮山(にらやま)郷土資料館に保管・展示されている。登呂遺跡と時期的にも並行関係にあり、東海地方東部の弥生時代水田の状態をよく示す重要な遺跡であるが、集落部分などは明らかにされておらず全面的な調査が期待されている。[市原寿文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山木遺跡の関連キーワード韮山郷土史料館静岡(県)韮山[町]高床建築日本建築後藤守一木工芸梯子木器

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android