高林方朗(読み)たかばやし みちあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高林方朗 たかばやし-みちあきら

1769-1847* 江戸時代後期の国学者。
明和6年8月15日生まれ。遠江(とおとうみ)有玉下村(静岡県浜松市)の庄屋内山真竜,本居宣長(もとおり-のりなが)に師事し,吉田神道もまなぶ。東海地方の国学の普及につとめた。弘化(こうか)3年12月14日死去。78歳。通称は勝三郎,伊兵衛。号は臣下庵。著作に「二条日記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android