コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高林方朗 たかばやし みちあきら

美術人名辞典の解説

高林方朗

道秋羅。遠江の人。宣長門。弘化3年(1846)歿、78才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高林方朗 たかばやし-みちあきら

1769-1847* 江戸時代後期の国学者。
明和6年8月15日生まれ。遠江(とおとうみ)有玉下村(静岡県浜松市)の庄屋内山真竜,本居宣長(もとおり-のりなが)に師事し,吉田神道もまなぶ。東海地方の国学の普及につとめた。弘化(こうか)3年12月14日死去。78歳。通称は勝三郎,伊兵衛。号は臣下庵。著作に「二条日記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高林方朗の関連キーワード森本都々子竹村尚規国学者

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android