コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高枝王(読み)たかえのおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高枝王 たかえのおう

802-858 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
延暦(えんりゃく)21年生まれ。伊予(いよ)親王の第2王子。桓武(かんむ)天皇の孫。大同(だいどう)2年父の謀反の罪で兄弟とともに遠流となったが,弘仁(こうにん)元年嵯峨(さが)天皇の即位による恩赦をうけ京都にかえる。のち従三位にすすみ,大蔵卿,宮内卿を歴任した。天安2年5月死去。57歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる