コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋順太郎 たかはし じゅんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋順太郎 たかはし-じゅんたろう

1856-1920 明治-大正時代の薬理学者。
安政3年3月生まれ。ドイツに留学しベルリン大で薬物学をまなぶ。帰国後帝国大学医科大学の教授となり薬学講座を担当。また医術開業試験委員,日本薬局方調査委員などをつとめた。大正9年6月4日死去。65歳。加賀(石川県)出身。東京大学卒。著作に「河豚(ふぐ)の毒性に就て」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高橋順太郎の関連キーワード森島 庫太林 春雄大正時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android