コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田新家 たかだの にいのみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田新家 たかだの-にいのみ

?-703 飛鳥(あすか)時代の豪族。
高田足人(たるひと)の祖父。壬申(じんしん)の(672)の際,伊勢(いせ)(三重県)鈴鹿で大海人(おおあまの)皇子(のちの天武天皇)をでむかえ,皇子にしたがう。天武天皇14年行宮造営のため信濃(しなの)(長野県)に派遣された。大宝(たいほう)3年死去。従五位上を追贈された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高田新家

生年:生没年不詳
律令制成立期の地方豪族。高田首名の父,足人の祖父。壬申の乱(672)当時,美濃国主稲(東宮封戸である湯沐の稲の管理者)であったが,吉野(奈良県吉野町)から東国に向かった大海人皇子(のちの天武天皇)を国司らと伊勢国鈴鹿関(三重県関町)で迎えたこと以外は明らかでない。大宝3(703)年7月に壬申の乱の功により正六位上から従五位上を追贈されている。

(橋本義則)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

高田新家の関連キーワード高田足人生年

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android