コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高砂浦五郎(初代) たかさご うらごろう

2件 の用語解説(高砂浦五郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高砂浦五郎(初代) たかさご-うらごろう

1839*-1900 明治時代の力士。
天保(てんぽう)9年11月20日生まれ。明治2年入幕,前名は高見山大五郎。最高位は前頭筆頭。6年改革運動をおこして相撲会所(現日本相撲協会)を除名され,名古屋で高砂改正組を組織(高砂事件)。11年和解して復帰し,取締として相撲界の改革につとめた。明治33年4月8日死去。63歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。本名は山崎伊之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高砂浦五郎(初代)

没年:明治33.4.4(1900)
生年:天保9.11.20(1839.1.5)
明治期の力士。相撲界の近代化に尽くした。上総国(千葉県)山辺郡大豆谷生まれ。本名山崎伊之助。阿武松の門に入り,明治2(1869)年入幕,6年まで幕内力士(前頭筆頭)として活躍。同年の岐阜巡業中に力士の待遇改善を求めて行動を起こし,同志を代表して交渉役を務めた。これにより会所(協会)から他の数名と共に除名され,やむなく名古屋で高砂改正組を組織して東京に対抗(高砂事件)。4年余の苦闘の末,11年会所と和解し合併。のち,正取締に選ばれ,22年会所を東京大角力協会と改称。指導者としての本領を発揮,次々と旧弊を打破し,今日の大相撲興行の原型となる諸々の制度を確立した。のちに永年取締に推されるが,権力争いの種になることを恐れて辞退した。門下から西ノ海嘉治郎(初代),小錦八十吉の2横綱らが出た。

(木村庄之助28代)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高砂浦五郎(初代)の関連キーワード角通筆紙に尽くし難い筆舌に尽くし難い若い者若い者頭控力士漁業近代化資金あんまえびすこかわいがる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone