コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高翔 コウショウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐しょう〔カウシヤウ〕【高×翔】

[名](スル)空高く飛ぶこと。
「その翼に乗って―するに」〈石川淳・普賢〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしょう【高翔】

( 名 ) スル
空高く飛ぶこと。あまがけること。 「天空を-する鳥」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の高翔の言及

【揚州八怪】より

…中国,清の乾隆年間(1736‐95),江蘇省揚州で活躍した8人の個性主義的画家。金農,黄慎(こうしん),李鱓(りぜん),汪士慎,高翔(こうしよう),鄭燮(ていしよう),李方膺(りほうよう),羅聘(らへい)。そのほか,高鳳翰(こうほうかん),閔貞(びんてい),華嵒(かがん)らを加え,揚州派ともいう。…

※「高翔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高翔の関連キーワード北原 篁山(1代目)北原 篁山(初代)揚州八怪金冬心天空

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高翔の関連情報