コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞う マウ

2件 の用語解説(舞うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ま・う〔まふ〕【舞う】

[動ワ五(ハ四)]
音楽などに合わせて手足を動かし、ゆっくり回ったり、かろやかに移動したりする。「ひと差し―・う」「銀盤に―・うスケーター」
円形を描くようにして空を飛ぶ。空中をただよい動く。「とんびが―・う」「紙ふぶきが―・う」「ほこりが―・う」
くるくるまわる。
「をかしく―・ふものは…平等院なる水車」〈梁塵秘抄・二〉
あわただしく動きまわる。
「きのふ今日(けふ)雲のたち―・ひ隠ろふは花の林を憂しとなりけり」〈伊勢・六七〉
畑の作物が枯れる。
「茄子(なすび)の枯るるをば、百姓みな―・ふといふなり」〈咄・醒睡笑・七〉
[可能]まえる
[補説]「踊る」が、本来、とびはねる意であるのに対し、「舞う」は地をするように旋回する意を本義とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まう【舞う】

( 動五[四] )
音楽などに合わせて、かろやかに手足を動かす。おどる。 「舞を-・う」
空を飛ぶ。空中をかろやかに動く。 「木の葉が-・う」 「雪が-・う」 「とんびが-・う」
くるくるまわる。旋回する。 「匏ひさご浪上にして-・ひつつ沈まず/日本書紀 仁徳訓
あちこち動きまわる。 「門開けんとする者もあり、橋渡さんとする者もあり。走り-・ふ所に/義経記 2
[可能] まえる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

舞うの関連キーワード相伴う償う綯う間に合う舫う糾う有り合う食違う取繕う空合わせ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

舞うの関連情報