コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞う マウ

デジタル大辞泉の解説

ま・う〔まふ〕【舞う】

[動ワ五(ハ四)]
音楽などに合わせて手足を動かし、ゆっくり回ったり、かろやかに移動したりする。「ひと差し―・う」「銀盤に―・うスケーター」
円形を描くようにして空を飛ぶ。空中をただよい動く。「とんびが―・う」「紙ふぶきが―・う」「ほこりが―・う」
くるくるまわる。
「をかしく―・ふものは…平等院なる水車」〈梁塵秘抄・二〉
あわただしく動きまわる。
「きのふ今日(けふ)雲のたち―・ひ隠ろふは花の林を憂しとなりけり」〈伊勢・六七〉
畑の作物が枯れる。
「茄子(なすび)の枯るるをば、百姓みな―・ふといふなり」〈咄・醒睡笑・七〉
[可能]まえる
[補説]「踊る」が、本来、とびはねる意であるのに対し、「舞う」は地をするように旋回する意を本義とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まう【舞う】

( 動五[四] )
音楽などに合わせて、かろやかに手足を動かす。おどる。 「舞を-・う」
空を飛ぶ。空中をかろやかに動く。 「木の葉が-・う」 「雪が-・う」 「とんびが-・う」
くるくるまわる。旋回する。 「匏ひさご浪上にして-・ひつつ沈まず/日本書紀 仁徳訓
あちこち動きまわる。 「門開けんとする者もあり、橋渡さんとする者もあり。走り-・ふ所に/義経記 2
[可能] まえる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

舞うの関連キーワード大和舞・倭舞毛馬内の盆踊かぎゃで風節採り物・採物舞ひ澄ますスケーター舞ひ奏づ立ち舞ふ垣下の舞四方正面舞狂う葉っぱ舞振り中の舞拍子舞なすび陰の舞ほこりとんび東遊び

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舞うの関連情報