高野ムツオ(読み)たかの むつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高野ムツオ たかの-むつお

1947- 昭和後期-平成時代の俳人。
昭和22年7月14日生まれ。高校時代,阿部みどり女の「駒草」に投句。昭和42年金子兜太の「海程」に入会。46年郷里の宮城県にもどり中学校の国語講師,のち教諭。62年第1句集陽炎の家」を出版。63年海程賞。平成6年現代俳句協会賞。26年自らのがん闘病,震災を詠んだ「萬の翅」で読売文学賞(詩歌俳句賞),蛇笏(だこつ)賞。佐藤鬼房没後「小熊座」を主宰。角川俳句賞選考委員,河北俳壇選者などをつとめる。国学院大卒。句集はほかに「烏柱」「雲雀の血」「蟲の王」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高野ムツオの関連情報