コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高階幸造 たかしな こうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高階幸造 たかしな-こうぞう

1864-1922 明治-大正時代の神職。
元治(げんじ)元年8月生まれ。但馬(兵庫県)豊岡藩士の子。明治21年兵庫県皇典講究所理事兼教授。全国神職会の創立に参加し,31年総務委員,幹事となる。大阪の四条畷(しじょうなわて)神社,兵庫の伊和神社,広田神社宮司歴任。大正11年1月死去。59歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高階幸造の関連キーワード大正時代元治

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android