コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊和神社 イワジンジャ

5件 の用語解説(伊和神社の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いわ‐じんじゃ【伊和神社】

兵庫県宍粟(しそう)市にある神社。祭神は大己貴神(おおなむちのかみ)少彦名神(すくなひこなのかみ)下照姫(したてるひめ)播磨(はりま)一の宮

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊和神社【いわじんじゃ】

兵庫県宍粟(しそう)郡一宮町(現・宍粟市)に鎮座。旧国幣中社。大己貴(おおなむち)命(大国主命)をまつる。延喜式内の名神大社。播磨(はりま)国の一宮。例祭は10月15日。
→関連項目一宮[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

伊和神社

兵庫県宍粟(しそう)市にある神社。第13代成務天皇の御代、または564年の創祀とされる。祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名神(すくなひこなのかみ)、下照姫神(したてるひめのかみ)。播磨国一之宮。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いわじんじゃ【伊和神社】

兵庫県宍粟郡一宮町に鎮座。旧国幣中社。大己貴(おおなむち)神を主神とし,少彦名神,下照姫命を配祀。《播磨国風土記》伊和大神と記されているが,伊和は地名で,《延喜式》には〈伊和坐大名持御魂(いわにいますおおなもちみたま)神社〉とある。808年(大同3)神封13戸を充てられ,881年(元慶5)正四位下に叙せられ,延喜の制では名神大社に列せられた。1249年(建長1)社殿が焼失したとき,軒廊御卜(こんろうのみうら)と仗儀が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊和神社
いわじんじゃ

兵庫県宍粟(しそう)市一宮町須行名(いちのみやちょうすぎょうめ)に鎮座。祭神は大己貴神(おおなむちのかみ)(大国主神(おおくにぬしのかみ))。相殿(あいどの)には少彦名神(すくなひこなのかみ)、下照姫命(したてるひめのみこと)を祀(まつ)る。『播磨国風土記(はりまのくにふどき)』には祭神を伊和大神と伝え、国造りの業を終え、伊和村(現社地)で亡くなったという。『延喜式(えんぎしき)』では名神(みょうじん)大社となり、中世以降は播磨国一宮として、新田義貞(にったよしさだ)、池田、松平各氏の武家、領主の崇敬が厚かった。1912年(明治45)国幣中社に列した。例祭10月15、16日。二百十日の約1週間前の夕方から、参拝者が境内の800余の土器(かわらけ)に油を注ぎ点火する風鎮祭、61年目甲子(きのえね)の年に行われる三ツ山祭は有名。本殿は入母屋造(いりもやづくり)で、北向きに建てられている。[飯尾直樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊和神社の関連キーワード酒列磯前神社弥彦神社寒川神社敢国神社出石神社玉前神社土佐神社田村神社中山神社水若酢神社

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊和神社の関連情報