コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本橋魚市場 にほんばしうおいちば

世界大百科事典 第2版の解説

にほんばしうおいちば【日本橋魚市場】

近世初期から昭和期まで日本橋で開かれてきた魚市場。1590年(天正18)徳川家康は江戸に入府したが,その際,摂州西成郡佃村の名主森孫右衛門が佃・大和田両村の漁民30余名を率いて江戸に移住し,日本橋本小田原町の河岸地を拝領,江戸近辺河海の漁業に従事する許可を受けた。その漁獲物の一部は幕府の膳所に供し(当初もっぱら白魚を納めたという),残余は市街に販売していた。同業者が増加して魚類販売も盛大になったので,慶長年間(1596‐1615)森九右衛門(孫右衛門の長男)らが幕府に納入した残余の魚類を引き受けて販売する便益のために,売場を日本橋本小田原町に開設した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の日本橋魚市場の言及

【魚市】より

…ただ応長1年(1311)付の淀魚市次郎兵衛尉宛為替状(厳島神社反古裏紙背文書)に,淀魚市の商人が洛中錦小路で替銭をするよう依頼されていることからみて,その成立は鎌倉時代にまでさかのぼるものかもしれない。一般には江戸日本橋魚市場,大坂雑喉場(ざこば)の魚市が有名である。前者の成立については諸説ありつまびらかでないが,1590年(天正18)の徳川家康の入城後,三河人にこの辺で魚の専売を許したのにはじまるとか,同じころ摂津西成村,大和田村の漁夫30余名がここに来住し,幕府膳所用魚の余分を売りさばいたのにはじまるとかいわれる。…

※「日本橋魚市場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本橋魚市場の関連キーワード魚問屋魚河岸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本橋魚市場の関連情報