コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚醤油 ウオジョウユ

デジタル大辞泉の解説

うお‐じょうゆ〔うをジヤウユ〕【魚×醤油】

魚を塩漬けにして出た汁。調味料とする。しょっつる・いかなご醤油・いわし醤油などの類。原産はスペインであるが、現在は東南アジアで多く使われており、ベトナムニョクマム、タイのナンプラーフィリピンパティスなどがある。魚醤(ぎょしょう)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

魚醤油

 「うおしょうゆ」とも読む.魚介に多量の塩を添加して自身の酵素(プロテアーゼ)で魚肉を分解させて作る醤油.発酵させた「塩辛」のような状態のものをいう場合もあり,またろ過したものをいう場合もある.ダイズ,ムギなどを原料に作る醤油に似ていることから魚醤油という.秋田のしょっつる,ベトナムのニョクマン,タイのナンプラ,フィリピンのパティスなど.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

魚醤油の関連キーワードトム・ヤム・クン根室魚醤 さんま遊楽部熊鮭魚醤油トゥアンハイ省さんま うまみキエンジャン省ファンティエトエスニック料理おおなご魚醤トムヤムクンヒメマスの露寿都のだし風フーコック島きんきの露ラクジャバゴーンしこの露鵠沼魚醤雪ひしお王鰈の露

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android