塩汁/潮汁(読み)シオジル

デジタル大辞泉の解説

しお‐じる〔しほ‐〕【塩汁/潮汁】

塩味だけで調味した汁もの。うしおじる。
海水塩水

しょっ‐つる【汁】

調味料の一。イワシハタハタなどを塩漬けにし、魚の成分が溶け合ってどろどろになった汁をこしたもの。秋田特産の魚醤油(うおじょうゆ)
しょっつるなべ」の略。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょっつる【塩汁】

〔「塩汁」とも書く〕
調味料の一。秋田特産の魚醬油。ハタハタ・イワシなどの塩漬けを発酵させてとった汁。 「 -鍋」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

しょっつる【塩汁】


魚醤(ぎょしょう)の一種で、はたはたなどの魚を塩漬けにして発酵・熟成させ、溶けてどろどろになった液をこしたもの。秋田の特産品。魚の強い風味があり塩辛い。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android