コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩汁/潮汁 シオジル

デジタル大辞泉の解説

しお‐じる〔しほ‐〕【塩汁/潮汁】

塩味だけで調味した汁もの。うしおじる。
海水塩水

しょっ‐つる【汁】

調味料の一。イワシハタハタなどを塩漬けにし、魚の成分が溶け合ってどろどろになった汁をこしたもの。秋田特産の魚醤油(うおじょうゆ)
しょっつるなべ」の略。 冬》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょっつる【塩汁】

〔「塩汁」とも書く〕
調味料の一。秋田特産の魚醬油。ハタハタ・イワシなどの塩漬けを発酵させてとった汁。 「 -鍋」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

しょっつる【塩汁】


魚醤(ぎょしょう)の一種で、はたはたなどの魚を塩漬けにして発酵・熟成させ、溶けてどろどろになった液をこしたもの。秋田の特産品。魚の強い風味があり塩辛い。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

塩汁/潮汁の関連キーワード玉筋魚醤油・玉筋魚醬油日本のおもな郷土料理しょっつるしょうゆ三平汁浜納豆くさや塩味

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android