塩汁/潮汁(読み)シオジル

デジタル大辞泉の解説

しお‐じる〔しほ‐〕【塩汁/潮汁】

塩味だけで調味した汁もの。うしおじる。
海水塩水

しょっ‐つる【汁】

調味料の一。イワシハタハタなどを塩漬けにし、魚の成分が溶け合ってどろどろになった汁をこしたもの。秋田特産の魚醤油(うおじょうゆ)
しょっつるなべ」の略。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょっつる【塩汁】

〔「塩汁」とも書く〕
調味料の一。秋田特産の魚醬油。ハタハタ・イワシなどの塩漬けを発酵させてとった汁。 「 -鍋」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

しょっつる【塩汁】


魚醤(ぎょしょう)の一種で、はたはたなどの魚を塩漬けにして発酵・熟成させ、溶けてどろどろになった液をこしたもの。秋田の特産品。魚の強い風味があり塩辛い。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょっ‐つる【塩汁】

〘名〙 調味料の一種。ハタハタやイワシ、アミなどを塩漬けにしたものから浸み出した上澄(うわずみ)を濾(こ)したもの。秋田地方の特産。
※遅過ぎた日記(1954)〈長与善郎〉ソ連の参戦「あのショッツル(塩汁)は好かぬ人もあるといふが、『うしほ』を好む俺の口には合ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android