塩汁/潮汁(読み)シオジル

デジタル大辞泉の解説

しお‐じる〔しほ‐〕【塩汁/潮汁】

塩味だけで調味した汁もの。うしおじる。
海水塩水

しょっ‐つる【汁】

調味料の一。イワシハタハタなどを塩漬けにし、魚の成分が溶け合ってどろどろになった汁をこしたもの。秋田特産の魚醤油(うおじょうゆ)
しょっつるなべ」の略。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょっつる【塩汁】

〔「塩汁」とも書く〕
調味料の一。秋田特産の魚醬油。ハタハタ・イワシなどの塩漬けを発酵させてとった汁。 「 -鍋」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

しょっつる【塩汁】


魚醤(ぎょしょう)の一種で、はたはたなどの魚を塩漬けにして発酵・熟成させ、溶けてどろどろになった液をこしたもの。秋田の特産品。魚の強い風味があり塩辛い。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android