コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野多恵子 コウノタエコ

4件 の用語解説(河野多恵子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうの‐たえこ〔かうのタヱこ〕【河野多恵子】

[1926~2015]小説家。大阪の生まれ。本姓、市川。「蟹(かに)」で芥川賞受賞。他に「一年の牧歌」「みいら採り猟奇譚」「後日の話」「半所有者」など。評論に「谷崎文学と肯定の欲望」がある。芸術院会員。平成14年(2002)文化功労者、平成26年(2014)文化勲章受章。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

河野多恵子【こうのたえこ】

小説家。大阪生れ。大阪府女専卒。作家を志し上京,丹羽文雄の同人誌《文学者》に参加した。《蟹》(1963年)で第49回芥川賞を受賞。1965年洋画家市川泰と結婚。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河野多恵子 こうの-たえこ

1926-2015 昭和後期-平成時代の小説家。
大正15年4月30日生まれ。「文学者」同人となり,昭和38年「蟹」で芥川賞。特異な感覚で意識内の世界をえがき,44年「不意の声」で読売文学賞,55年「一年の牧歌」で谷崎潤一郎賞。平成元年芸術院会員。3年「みいら採り猟奇譚」で野間文芸賞。11年「後日の話」で伊藤整賞。14年「半所有者」で川端康成文学賞。同年文化功労者。評論に「谷崎文学と肯定の欲望」(昭和52年読売文学賞)などがある。26年文化勲章。平成27年1月29日死去。88歳。大阪府出身。大阪府女子専門学校(現・大阪女子大)卒。本名は市川多恵子。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河野多恵子
こうのたえこ
(1926―2015)

小説家。大阪市生まれ。大阪府女子専門学校(現、大阪府立大学)在学中は第二次世界大戦時の動員生活、戦後2年間の結核療養生活を経て、『文学者』に『余燼(よじん)』(1951)を発表。『幼児狩り』(1962)で認められ、翌1963年『蟹(かに)』により芥川(あくたがわ)賞受賞。偏執的な感性を特色とする観念的な作風で、人間性を被虐・加虐のゆがみを通してとらえる傾向が強い。女流文学賞を受賞した『最後の時』(1966)のほか、『不意の声』(1968)、『回転扉』(1970)、『雙夢(そうむ)』(1972)、『一年の牧歌』(1980)など、丹念に書き込まれた日常性の底に無気味な深淵(しんえん)が開かれてゆく。『みいら採り猟奇譚(きたん)』(1990)、『後日の話』(1999)、『秘事』(2000)では、夫婦の純愛を、練りこまれた文体で描いている。評論に『谷崎文学と肯定の欲望』(1975)がある。2002年(平成14)文化功労者。[田中美代子・橋詰静子]
『『河野多恵子全集』全10巻(1994~1995・新潮社) ▽『幼児狩り・蟹』(新潮文庫) ▽『谷崎文学と肯定の欲望』(中公文庫) ▽『不意の声』(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

河野多恵子の関連キーワード緑友利恵佐藤健片野莉乃スピードスケートあゆみくりかまきけみお坂田遥香日下結斗ピンクダイヤモンドERIHIRO

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河野多恵子の関連情報