コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新しい アタラシイ

デジタル大辞泉の解説

あたらし・い【新しい】

[形][文]あたら・し[シク]《上代の「あら(新)たし」が「あたら(可惜)し」と混同して音変化し、平安初期から生じた語》
その状態になってからあまり時間が経過していない。
㋐初めてである。「―・く事業を興す」
㋑できて間もない。使い始めて間もない。「空き地に―・く家が建つ」「―・いステレオ」⇔古い
以前のものと違っている。「顔ぶれが―・くなる」「原稿を―・く書き直す」「―・い制度」「―・い年を迎える」⇔古い
現代的である。進歩的である。また、奇抜である。「―・い感覚」「―・い技術」⇔古い

㋐食べ物などが、新鮮である。「―・い魚」「―・く採れた野菜」⇔古い
㋑まだ生き生きとしている。また、初めてで新鮮である。「記憶に―・い事件」「耳に―・い話」
[派生]あたらしがる[動ラ五]あたらしげ[形動]あたらしさ[名]あたらしみ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あたらしい【新しい】

( 形 ) [文] シク あたら・し
〔「あらたし(新し)」の転。平安時代から現れる形〕
今までにはなかったさまだ。初めてだ。 「 - ・い発明」 「 - ・い経験」
従来のものとは違っている。旧来のやり方を改めている。 「 - ・い企画」 「 - ・い考え方」
できたばかりだ。できてからあまり日時が過ぎていない。 「 - ・い洋服」 「 - ・い法律」
なまものが取れたばかりで、生き生きとしている。新鮮だ。 「 - ・い野菜」 「 - ・い魚」
▽⇔ 古い
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 ) -み ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

新しいの関連キーワード体化した技術進歩組換えDNA技術新た世・新た代農民カンタータニュータウン分祀・分祠年が明ける目を開く考え出す真新しい交配種ニュー新天地上書き新傾向新声変革新陳迎年新約

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新しいの関連情報