新鮮(読み)シンセン

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
魚・肉・野菜などが、新しくて生き生きとしていること。また、そのさま。「新鮮なくだもの」
汚れがなく、澄みきっていること。また、そのさま。「山の新鮮な空気を吸う」
物事に今までにない新しさが感じられるさま。「新鮮な感覚の絵」
[派生]しんせんさ[名]しんせんみ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

形動 [文] ナリ 
魚・野菜・果物などが新しくていきいきとしているさま。 -な魚介類
よごれがなくきれいなさま。 山の-な空気
従来のものとは異なって新しく魅力的なさま。 -な感覚
[派生] -さ -み

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① 魚、肉、野菜などが、新しさを保って、また、草木が新しい芽を出して生き生きとしていること。また、そのさま。
※古文真宝彦龍抄(1490頃)「山では蕨やつくつくしなどを取、釣水則新鮮の魚を食也」 〔李咸用‐謝僧寄茶詩〕
② よごれがなくて気持がよいこと。また、そのさま。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一二「度々清浄なる水を与へて空気を新鮮になすを要す」
③ 物事に、今までと違った新しさが感じられるさま。
※一年有半(1901)〈中江兆民〉附録「然り是れ理論としては陳腐なるも、実行としては新鮮なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新鮮の関連情報