コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新鮮(読み)シンセン

デジタル大辞泉の解説

しん‐せん【新鮮】

[名・形動]
魚・肉・野菜などが、新しくて生き生きとしていること。また、そのさま。「新鮮なくだもの」
汚れがなく、澄みきっていること。また、そのさま。「山の新鮮な空気を吸う」
物事に今までにない新しさが感じられるさま。「新鮮な感覚の絵」
[派生]しんせんさ[名]しんせんみ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんせん【新鮮】

( 形動 ) [文] ナリ 
魚・野菜・果物などが新しくていきいきとしているさま。 「 -な魚介類」
よごれがなくきれいなさま。 「山の-な空気」
従来のものとは異なって新しく魅力的なさま。 「 -な感覚」
[派生] -さ ( 名 ) -み ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新鮮の関連情報