コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新鮮 シンセン

デジタル大辞泉の解説

しん‐せん【新鮮】

[名・形動]
魚・肉・野菜などが、新しくて生き生きとしていること。また、そのさま。「新鮮なくだもの」
汚れがなく、澄みきっていること。また、そのさま。「山の新鮮な空気を吸う」
物事に今までにない新しさが感じられるさま。「新鮮な感覚の絵」
[派生]しんせんさ[名]しんせんみ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんせん【新鮮】

( 形動 ) [文] ナリ 
魚・野菜・果物などが新しくていきいきとしているさま。 「 -な魚介類」
よごれがなくきれいなさま。 「山の-な空気」
従来のものとは異なって新しく魅力的なさま。 「 -な感覚」
[派生] -さ ( 名 ) -み ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

新鮮の関連キーワード女房と畳は新しい方がよいジャストスポットウロクロモーゲン耳目に触れる低酸度二等乳メタボライトブルーミングぶえん寿司目に触れる鮮肉性魚粉再生バター生クリーム生鮮食料品手垢が付く大気療法きときとくだもの乾燥血漿生鮮食品海鮮料理

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新鮮の関連情報