鯛車(読み)タイグルマ

デジタル大辞泉プラスの解説

鯛車

新潟県の郷土玩具。三条市、新潟市などに伝わる。タケの骨組みに和紙を張ってつくった鯛の形の灯籠を、車輪のついた木の台車に載せたものを紐で引く。かつては盆の墓参りに子供が鯛車を引いていく習慣があった。江戸末期から伝わるものとされ、昭和の後期に一時期消滅しかけたが、2000年代になり市民有志により復活。復興活動を進める市民団体「鯛車復活プロジェクト」は2011年に第4回ティファニー財団賞伝統文化振興賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

たいぐるま【鯛車】

玩具の一。張り子または板製の鯛に車をつけ、引いて遊ぶもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鯛車
たいぐるま

鯛の形につくった玩具(がんぐ)に車をつけたもの。幼児が転がして遊び、古くから祝い物などにも用いられた。鯛の赤い色は、幼児の悪病を退散させる強い力があるという俗信から、疱瘡除(ほうそうよ)けのマスコットにされてきた。張り子、木、紙製の各種がある。郷土玩具として各地にみられ、埼玉県鴻巣(こうのす)市の鯛車、新潟県三条市の鯛灯籠(どうろう)、滋賀県草津市のぴんぴん鯛、鹿児島県霧島(きりしま)市隼人(はやと)町鹿児島神宮(国分八幡(こくぶはちまん))の鯛車などがある。[斎藤良輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android