コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯛車 タイグルマ

3件 の用語解説(鯛車の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たい‐ぐるま〔たひ‐〕【×鯛車】

郷土玩具の一。張り子または木製の鯛に車をつけて引き回すようにしたもの。鹿児島県霧島市・新潟県三条市・埼玉県鴻巣(こうのす)市などのものが知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たいぐるま【鯛車】

玩具の一。張り子または板製の鯛に車をつけ、引いて遊ぶもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鯛車
たいぐるま

鯛の形につくった玩具(がんぐ)に車をつけたもの。幼児が転がして遊び、古くから祝い物などにも用いられた。鯛の赤い色は、幼児の悪病を退散させる強い力があるという俗信から、疱瘡除(ほうそうよ)けのマスコットにされてきた。張り子、木、紙製の各種がある。郷土玩具として各地にみられ、埼玉県鴻巣(こうのす)市の鯛車、新潟県三条市の鯛灯籠(どうろう)、滋賀県草津市のぴんぴん鯛、鹿児島県霧島(きりしま)市隼人(はやと)町鹿児島神宮(国分八幡(こくぶはちまん))の鯛車などがある。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鯛車の関連キーワード清水晴風金木鳩車赤べこ雉車鳩笛横に車を押すいじこ簀板引道具

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鯛車の関連情報