コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥取藩元文一揆 とっとりはんげんぶんいっき

百科事典マイペディアの解説

鳥取藩元文一揆【とっとりはんげんぶんいっき】

江戸時代中期に起きた百姓一揆。1739年2月鳥取藩領内の因幡(いなば)国八東(はっとう)郡から起こり,岩井郡を除く因幡国,日野郡を除く伯耆(ほうき)国の全域に及んだ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とっとりはんげんぶんいっき【鳥取藩元文一揆】

江戸中期鳥取藩で起きた一揆。1739年(元文4)2月因幡国八東郡から起こり,岩井郡を除く因幡国,日野郡を除く伯耆国をまきこんだ全藩一揆となった。一揆は,各地で打毀強訴を行いつつ,鳥取城下に進出,一部要求を入れられた。この直後の民間の記録に《因伯民乱太平記》がある。鳥取藩では1632年(寛永9)池田光仲入部から幕末までの間,約44件の百姓一揆と約3件の町方騒動とがあり,伯耆国が百姓一揆の数では因幡国よりも圧倒的に多く,約7割余にあたっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

鳥取藩元文一揆の関連キーワード小物成大庄屋

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android