鳥取藩元文一揆(読み)とっとりはんげんぶんいっき

百科事典マイペディアの解説

鳥取藩元文一揆【とっとりはんげんぶんいっき】

江戸時代中期に起きた百姓一揆。1739年2月鳥取藩領内の因幡(いなば)国八東(はっとう)郡から起こり,岩井郡を除く因幡国,日野郡を除く伯耆(ほうき)国の全域に及んだ。一揆勢は各地で大庄屋打毀(うちこわし)強訴(ごうそ)を行い,郡奉行らの説得を拒み,数万人が集決して藩による借米の返付小物成(こものなり)の減免,在方役人の更迭などを要求した。藩側がこれらを一応認める回答を出したことから一揆は収束し,首謀者は捕縛されている。しかし3月に正式に藩の回答が出され,これを不服とする動きがあり,4月には鎮圧されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とっとりはんげんぶんいっき【鳥取藩元文一揆】

江戸中期鳥取藩で起きた一揆。1739年(元文4)2月因幡国八東郡から起こり,岩井郡を除く因幡国,日野郡を除く伯耆国をまきこんだ全藩一揆となった。一揆は,各地で打毀,強訴を行いつつ,鳥取城下に進出,一部要求を入れられた。この直後の民間の記録に《因伯民乱太平記》がある。鳥取藩では1632年(寛永9)池田光仲入部から幕末までの間,約44件の百姓一揆と約3件の町方騒動とがあり,伯耆国が百姓一揆の数では因幡国よりも圧倒的に多く,約7割余にあたっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android