コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥類観測ステーション ちょうるいかんそくステーションbird ringing station

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥類観測ステーション
ちょうるいかんそくステーション
bird ringing station

鳥類の標識事業と渡り鳥の観察・調査を行うために設けられた施設。渡り鳥の渡来地や越冬地などにおかれる一級ステーションと通過地点に設けられる二級ステーションがある。一級ステーションは,浜頓別,風蓮湖,下北,新浜福島潟婦中,織田山,出水,沖縄などにおかれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥類観測ステーション
ちょうるいかんそくすてーしょん

鳥の移動、渡り、生態などについて、調査したり観測したりする基地となるような施設。渡り鳥の観察、調査などを行いやすいように、その通過路、集合地などに設けるのが一般的で、半島の先端、湖沼、山地などのことが多い。日本では1971年(昭和46)に環境庁(現環境省)が発足し、鳥類標識調査を行うことになったときに、調査の基地とするために全国に配置された。風蓮(ふうれん)湖(北海道)、下北(青森県)、出水(いずみ)(鹿児島県)などをはじめ2001年現在60か所のステーションは、無設備の調査場所のみのことが多く、建造物を有するのは福島潟(新潟県)、織田山(福井県)など8か所だけである。これらの場所で、1993年以降、年間15万羽以上の鳥に標識がつけられているが、標識調査以外の観測、調査はほとんど行われていない。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android