コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥類観測ステーション ちょうるいかんそくステーション bird ringing station

2件 の用語解説(鳥類観測ステーションの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥類観測ステーション
ちょうるいかんそくステーション
bird ringing station

鳥類の標識事業と渡り鳥の観察・調査を行うために設けられた施設。渡り鳥の渡来地や越冬地などにおかれる一級ステーションと通過地点に設けられる二級ステーションがある。一級ステーションは,浜頓別,風蓮湖,下北,新浜,福島潟,婦中,織田山,出水,沖縄などにおかれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥類観測ステーション
ちょうるいかんそくすてーしょん

鳥の移動、渡り、生態などについて、調査したり観測したりする基地となるような施設。渡り鳥の観察、調査などを行いやすいように、その通過路、集合地などに設けるのが一般的で、半島の先端、湖沼、山地などのことが多い。日本では1971年(昭和46)に環境庁(現環境省)が発足し、鳥類標識調査を行うことになったときに、調査の基地とするために全国に配置された。風蓮(ふうれん)湖(北海道)、下北(青森県)、出水(いずみ)(鹿児島県)などをはじめ2001年現在60か所のステーションは、無設備の調査場所のみのことが多く、建造物を有するのは福島潟(新潟県)、織田山(福井県)など8か所だけである。これらの場所で、1993年以降、年間15万羽以上の鳥に標識がつけられているが、標識調査以外の観測、調査はほとんど行われていない。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥類観測ステーションの関連キーワード観察調査家庭裁判所調査官全数調査標識鳥雀目統計調査バンダー渡り稼ぎ渡り鳥条約《渡り鳥》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone