コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摂津市 せっつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摂津〔市〕
せっつ

大阪府中央北部,淀川右岸の市。 1956年,味舌 (ました) 町と味生 (あじふ) ,鳥飼 (とりがい) 2村が合体して三島町となり,66年市制。市域大部分は淀川,安威 (あい) 川の沖積低湿地で,かつては米作中心の農業地域であったが,第2次世界大戦前後から化学,金属,機械などの工場が進出。南部の鳥飼には新幹線の操車場,大阪銘木団地がある。ほかにも倉庫や運輸関係の施設が多い。近畿自動車道が通り,南部と北部にインターチェンジがある。面積 14.87km2。人口 8万5007(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せっつ‐し【摂津市】

摂津

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

摂津市の関連キーワード大阪府摂津市鳥飼銘木町大阪府摂津市安威川南町大阪薫英女学院高等学校大阪府摂津市鳥飼和道大阪府摂津市西一津屋大阪府摂津市鳥飼本町大阪府摂津市鳥飼八防大阪府摂津市鳥飼八町大阪府摂津市阪急正雀大阪府摂津市正雀本町大阪府摂津市千里丘中大阪府摂津市千里丘西大阪府摂津市千里丘下大阪府摂津市千里丘北大阪府摂津市鳥飼野々大阪府摂津市千里丘上大阪府摂津市千里丘東大阪府摂津市東一津屋大阪府摂津市北別府町大阪府摂津市南千里丘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

摂津市の関連情報