コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳳凰文 ほうおうもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳳凰文
ほうおうもん

鳳凰文様としたもの。日本では飛鳥時代瑞祥の象徴として扱われ,奈良時代盛行平安時代にも愛好された。作品例としては,白鳳時代南法華寺の鳳凰文 (せん) ,正倉院の鏡背,染織の図案,平安時代の和鏡の文様,家具調度品の装飾文様,平泉中尊寺金色堂の須弥壇格狭間 (こうざま) の文様,宇治平等院阿弥陀堂の屋根などの建築装飾など。家紋の意匠としても用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうおうもん【鳳凰文】

鳳凰をかたどった文様。古来、瑞祥文として装飾・絵画などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鳳凰文の関連キーワードラジバルディナ手高雄曼荼羅環頭大刀壺阪寺模様塼仏

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳳凰文の関連情報