コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

格狭間 こうざま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

格狭間
こうざま

牙象 (げじょう) ,眼象 (げんじょう) ともいう。須弥壇 (しゅみだん) や仏壇などの基壇部の側面を装飾するために施された刳 (く) り物。台脚を固定するための連結材が装飾化したもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐ざま〔カウ‐〕【格狭間/香狭間】

壇の羽目や台・露盤などの側面に彫り込んだ刳形(くりかた)の装飾。牙象(げじょう)。眼象(げんじょう)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

格狭間【こうざま】

基壇,台座等の側面の長方形部分を飾る特殊な刳(くり)方。台の脚につけられた装飾から変化したもの。古くは牙象(げしょう),眼象(げんしょう)といった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうざま【格狭間】

器物の台脚,建築の基壇,須弥壇(しゆみだん),彫刻の台座などに用いる装飾の一種。香様とも書く。中国漢代に台の水平材を支える垂直材の上下をひろげ補強する刳形(くりかた)(モールディング)をいれたことから始まる。日本では7世紀にその例があり,初めは左右別材につくるが,8世紀に下端の中央が開いた一材になり,平安時代に中央に蓮華文鳳凰文をいれるものがつくられ,鎌倉時代以後中央をくりぬいたような複雑な文様に発達する(図)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の格狭間の言及

【三方】より

…衝重は方形角切(すみきり)の筒形台脚を備えた折敷(おしき)の総称で,《貞丈雑記》によれば,上部の折敷形に台部を衝き重ねるところから衝重の名があるという。その台部の3方に眼象(げんしよう)(格狭間(こうざま))と称する繰形を透かしたものがすなわち三方であり,4方に透かしたものが四方(しほう)である。また眼象のないものは供饗(くぎよう)という。…

【社寺建築構造】より

…板敷ができてから木製になるが,構造は同様で上下の框と束からなり,その間に板をはめる。この板の部分に曲線状の装飾をつけたものを格狭間(こうざま)という。奈良時代の仏壇は高さが低いが,中世以後の密教建築では高くなり,周囲に高欄を巡らし,上に厨子(ずし)が置かれる。…

※「格狭間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

格狭間の関連キーワード懸盤(掛盤)宝塔山古墳天寧寺石窟庵梵魚寺衝重懸盤猫間青瑣絵様胡籙三方沈金

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android