コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴海城 なるみじょう

1件 の用語解説(鳴海城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

なるみじょう【鳴海城】

愛知県名古屋市緑区にあった平山城(ひらやまじろ)。丘陵の西に立つ東西に細長く延びた城郭であったようである。城の規模は記録によりさまざまだが、『鳴海誌』によれば「東西75間半(約140m)、南北34間(約60m)」とある。応永年間(1394~1427年)、将軍足利義満麾下の部将安原宗範によって、成海神社のあった場所に築かれた。宗範の死後、廃城になったといわれるが、戦国時代には、織田信秀(織田信長の父)配下の山口教継が城主をつとめる、対今川(今川義元)の防衛を担う拠点になっていた。信秀の死去に伴い、嫡男の信長が家督を継いだが、信長を見限った教継・教吉父子は今川方に城ごと寝返った。信長は1553年(天文22)、800の兵をもって鳴海城を攻めたが陥落させることはできず、鳴海城は尾張領に深く入り込んだ今川方の前進拠点となった。その後、山口教継・教吉父子は義元により切腹を命じられたため(これは信長の経略といわれている)、鳴海城には今川氏の部将・岡部元信が入城した。信長はこれに対して、1559年(永禄2)ごろに鳴海城の周囲に丹下砦(名古屋市緑区)、善照寺砦(同)、中嶋砦(同)を、同じく今川方の大高城(同)の近くに丸根砦(同)、鷲津砦(わしづとりで)(同)の計5つの砦を築いて、鳴海城と大高城との連絡を分断して対抗した。今川義元は翌1560年(永禄3)に大軍を発して西上を開始し尾張領に入って、桶狭間の戦いが起こった。この戦いで、寡兵の織田勢の奇襲により義元が討ち取られ、大軍の今川勢は大敗した。今川方が次々と敗れ、城が陥落する中で、岡部元信を城将とする鳴海城は持ちこたえたが、義元の首級の返還を条件に城を明け渡した。この戦いののち、信長は佐久間信盛・信栄父子を入城させて城主としたが、天正年間(1573~93年)末期に廃城になったといわれている。鳴海城があったとされる場所の一部は現在、城跡公園になっており、城址碑が建っている。同公園を含むかつての城域には、はっきりとした遺構は残っていないが、空堀や土塁の跡とおぼしき痕跡がある。また、近隣の東福院(寺院)には、鳴海城の廃材で造られたと伝えられた門が現存する。名鉄名古屋本線鳴海駅から徒歩約5分。◇根古屋城ともよばれる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳴海城の関連キーワードエスカちくさ座つるまいプラザテルミナ名古屋市公会堂名古屋能楽堂名古屋パルコユニモール万菊

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone