コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴門鯛(なるとたい)

2件 の用語解説(鳴門鯛(なるとたい)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

鳴門鯛(なるとたい)

徳島県、株式会社本家松浦酒造場の製造する日本酒。平成23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

なるとたい【鳴門鯛】

徳島の日本酒。酒名は、鳴門海峡の高級魚・タイのように淡麗優雅であるようにとの願いを込めて命名。吟醸酒、純米酒、本醸造酒などの特定名称酒を中心に醸造。平成4、13、14、23年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、五百万石など。仕込み水讃岐山脈の伏流水。蔵元の「本家松浦酒造場」は文化元年(1804)創業。所在地は鳴門市大麻町池谷字柳の本。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳴門鯛(なるとたい)の関連キーワード鳴門海峡孫崎大鳴門橋渦潮観潮南あわじ阿波の鳴門金長南国一鳴門巻き

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone