コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鵜飼大俊 うがい だいしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鵜飼大俊 うがい-だいしゅん

1846-1878 幕末-明治時代の僧。
弘化(こうか)3年8月4日生まれ。浄土宗。江戸増上寺の学寮でまなび,儒者安井息軒の塾にも入門。明治3年同門の雲井竜雄がくわだてた反政府陰謀事件にかかわり投獄された。6年ゆるされ,僧職に復帰。大教院大講義となる。明治11年1月15日死去。33歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。字(あざな)は実証。号は法蓮社性誉円阿,碧窓,独正堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鵜飼大俊の関連キーワード明治時代弘化

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android