(読み)のすり

精選版 日本国語大辞典「鵟」の解説

の‐すり【鵟】

〘名〙 (「のずり」とも) タカ科の鳥。全長五〇~六〇センチメートルの中形のタカ。トビに似ているが尾に切れ込みがない。体の背面は黒褐色で、尾と翼は黒く、腹面は淡黄褐色の地に縦斑がある。シベリア・日本などで繁殖。草原や山間でネズミなどを捕食し、五、六月ごろ森林の高木上に巣をつくる。鳴き声、飛び方もトビに似るが、低空飛翔を頻繁に行なうという特徴がある。まぐそだか。くそとび。《季・冬》 〔大和本草(1709)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鵟」の解説

の‐すり【×鵟】

タカ科の鳥。全長52センチくらい。上面は褐色でトビに似るが、尾羽は広げると扇形で切れ込みがない。ネズミ・カエル・小鳥などを捕食。日本では留鳥山地で繁殖し、秋・冬には低地でみられる。くそとび。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「鵟」の解説

鵟 (ノスリ)

学名Buteo buteo
動物。ワシタカ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android