(読み)のすり

精選版 日本国語大辞典「鵟」の解説

の‐すり【鵟】

〘名〙 (「のずり」とも) タカ科の鳥。全長五〇~六〇センチメートルの中形のタカ。トビに似ているが尾に切れ込みがない。体の背面は黒褐色で、尾と翼は黒く、腹面は淡黄褐色の地に縦斑がある。シベリア・日本などで繁殖。草原や山間でネズミなどを捕食し、五、六月ごろ森林の高木上に巣をつくる。鳴き声、飛び方もトビに似るが、低空飛翔を頻繁に行なうという特徴がある。まぐそだか。くそとび。《季・冬》 〔大和本草(1709)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android