コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶉焼(き) ウズラヤキ

デジタル大辞泉の解説

うずら‐やき〔うづら‐〕【×鶉焼(き)】

塩あん入りの卵形の餅(もち)を焼いて、まだらの焦げめをつけた餅菓子鶉餅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鶉焼(き)の言及

【大福餅】より

…庶民的な餅菓子として愛好され,ゆでたエンドウを餅に入れた豆大福,ヨモギの葉をつきこんだ草大福などもつくられている。室町後期から鶉(うずら)餅という菓子があり,これを焼いたり,焼印を押したりしたものを鶉焼と呼んだ。塩味のあんをたっぷり入れ,丸くふくらんだ形にしていたための名で,のちには腹太(はらぶと)餅ともいった。…

※「鶉焼(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鶉焼(き)の関連キーワード鶉餅・鶉餠大福餅

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android