コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴賀鶴吉(初代) つるが つるきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴賀鶴吉(初代) つるが-つるきち

1761-1827 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
宝暦11年生まれ。初代鶴賀若狭掾(わかさのじょう)の長女。新内節。父の没後,鶴賀2代家元を相続する。のち和国,鶴老と改名。文政10年4月26日死去。67歳。江戸出身。名は「こん」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鶴賀鶴吉(初代)

没年:文政10.4.26(1827.5.21)
生年:宝暦11(1761)
江戸中・後期の新内節の太夫。初代鶴賀若狭掾 の娘,本名こん。父の没後,鶴賀本系の2代目家元となる。式亭三馬と親交を得,『浮世風呂』のなかで「品が上品だ」と書かれている。のちに和国,鶴老と改名した。2代目鶴吉が3代目家元を継いだ。<参考文献>『藤根道雄遺稿集』

(根岸正海)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

鶴賀鶴吉(初代)の関連キーワード鶴賀 新内(7代目)富士松魯中(初代)鶴賀若狭掾(2代)鶴賀新内(5世)鶴賀鶴吉(2代)鶴賀新内(7代)鶴賀新内(4世)鶴賀新内(4代)鶴賀鶴吉(4代)鶴賀新内(5代)鶴賀 若狭掾富士松魯中三番叟物梅忠物城木屋浄瑠璃

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android