コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴賀鶴吉(初代) つるが つるきち

2件 の用語解説(鶴賀鶴吉(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴賀鶴吉(初代) つるが-つるきち

1761-1827 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
宝暦11年生まれ。初代鶴賀若狭掾(わかさのじょう)の長女。新内節。父の没後,鶴賀2代家元を相続する。のち和国,鶴老と改名。文政10年4月26日死去。67歳。江戸出身。名は「こん」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鶴賀鶴吉(初代)

没年:文政10.4.26(1827.5.21)
生年:宝暦11(1761)
江戸中・後期の新内節の太夫。初代鶴賀若狭掾 の娘,本名こん。父の没後,鶴賀本系の2代目家元となる。式亭三馬と親交を得,『浮世風呂』のなかで「品が上品だ」と書かれている。のちに和国,鶴老と改名した。2代目鶴吉が3代目家元を継いだ。<参考文献>『藤根道雄遺稿集』

(根岸正海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴賀鶴吉(初代)の関連キーワード羅城磯田健斎小笠原長尭交寛美佐竹義祗三鍼関立志樗雲東為坊富士田音蔵(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone