コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴賀鶴吉(初代) つるが つるきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴賀鶴吉(初代) つるが-つるきち

1761-1827 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
宝暦11年生まれ。初代鶴賀若狭掾(わかさのじょう)の長女。新内節。父の没後,鶴賀2代家元を相続する。のち和国,鶴老と改名。文政10年4月26日死去。67歳。江戸出身。名は「こん」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鶴賀鶴吉(初代)

没年:文政10.4.26(1827.5.21)
生年:宝暦11(1761)
江戸中・後期の新内節の太夫。初代鶴賀若狭掾 の娘,本名こん。父の没後,鶴賀本系の2代目家元となる。式亭三馬と親交を得,『浮世風呂』のなかで「品が上品だ」と書かれている。のちに和国,鶴老と改名した。2代目鶴吉が3代目家元を継いだ。<参考文献>『藤根道雄遺稿集』

(根岸正海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

鶴賀鶴吉(初代)の関連キーワード北尾派シャルルボアシュパンベルグスパンベルグバーラージー・バージー・ラーオ上田秋成ショアズールラモーの甥ポンディシェリギルフォード(男・伯家)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone