コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹見爽鳩 たかみ そうきゅう

美術人名辞典の解説

鷹見爽鳩

江戸中期の三河田原藩家老。姓は石川、名は正長、字は子方、通称は三郎兵衛。荻生徂徠の門に入る。享保20年(1735)歿、46才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鷹見爽鳩 たかみ-そうきゅう

1690-1735 江戸時代中期の武士,儒者。
元禄(げんろく)3年8月21日生まれ。江戸で荻生徂徠(おぎゅう-そらい)にまなぶ。三河(愛知県)田原藩家老となり,藩政改革につくした。詩文をよくし,経済,刑法などにも精通した。享保(きょうほう)20年4月12日死去。46歳。本姓は石川。名は正長。字(あざな)は子方。通称は三郎兵衛。著作に「学説」「爽鳩詩稿」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

鷹見爽鳩 (たかみそうきゅう)

生年月日:1690年8月21日
江戸時代中期の三河田原藩家老
1735年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

鷹見爽鳩の関連キーワード鷹見星皐生年月日儒者

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android