鷹見爽鳩(読み)たかみ そうきゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「鷹見爽鳩」の解説

鷹見爽鳩 たかみ-そうきゅう

1690-1735 江戸時代中期の武士,儒者。
元禄(げんろく)3年8月21日生まれ。江戸荻生徂徠(おぎゅう-そらい)にまなぶ。三河(愛知県)田原藩家老となり,藩政改革につくした。詩文をよくし,経済,刑法などにも精通した。享保(きょうほう)20年4月12日死去。46歳。本姓石川。名は正長。字(あざな)は子方。通称は三郎兵衛。著作に「学説」「爽鳩詩稿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典「鷹見爽鳩」の解説

鷹見爽鳩 (たかみそうきゅう)

生年月日:1690年8月21日
江戸時代中期の三河田原藩家老
1735年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android