コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷺草 サギグサ

デジタル大辞泉の解説

さぎ‐ぐさ【×鷺草】

サギゴケの別名。

さぎ‐そう〔‐サウ〕【×鷺草】

ラン科の多年草。日当たりのよい湿地に生え、高さ30~40センチ。8月ごろ花茎を伸ばし、飛び立つサギに似た形の白い花を数個開く。観賞用に栽培される。 夏》「―のおくれ咲きしも翔けそろふ/秋桜子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さぎそう【鷺草】

ラン科の多年草。山中の湿地に生え、また観賞用に栽培される。茎は高さ約30センチメートル、広線形の葉を少数つける。夏、サギの飛ぶ姿に似た白色の花を頂生する。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鷺草 (サギクサ・サギサウ)

植物。ゴマノハグサ科の多年草。サギゴケの別称

鷺草 (サギソウ・サギクサ)

学名:Habenaria radiata
植物。ラン科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鷺草の関連キーワードミズトンボ白色少数山中

鷺草の関連情報