コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麝香草 ジャコウソウ

デジタル大辞泉の解説

じゃこう‐そう〔ジヤカウサウ〕【×麝香草】

シソ科の多年草。山地の木陰に生え、茎は高さ0.6~1メートル。晩夏、数個の淡紅紫色の花を開く。茎や葉に強い香りがある。 秋》「ただ細く径(みち)天に入る―/楸邨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃこうそう【麝香草】

シソ科の多年草。山中の谷間や斜面に自生。茎は高さ80センチメートル 内外。葉は長楕円形。初秋、上部の葉腋ようえきに淡紅色の唇形花を一~三個ずつ下向きにつける。全草に芳香がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

麝香草 (ジャコウソウ)

植物。ウマノスズクサ科のつる性多年草,薬用植物。ウマノスズクサの別称

麝香草 (ジャコウソウ)

学名:Chelonopsis moschata
植物。シソ科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

麝香草の関連キーワードタチジャコウソウ(立麝香草)タイム(香料植物)タイム唇形花上部斜面谷間芳香初秋自生内外葉腋山中