コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麦や節 ムギヤブシ

3件 の用語解説(麦や節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むぎや‐ぶし【麦や節】

富山県五箇山(ごかやま)地方の民謡。能登の輪島あたりの歌が伝わったものという。紋服・袴(はかま)・白だすき姿に菅笠を持った青年の軽快な踊りがつく。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

むぎやぶし【麦や節】

富山県五箇山地方の民謡で、酒盛り唄。源流は能登半島の粉挽き唄。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

麦や節
むぎやぶし

富山県の南西端、五箇山(ごかやま)地方の民謡。麦屋節ともいう。五箇山は南砺(なんと)市に属する山あいの秘境で、合掌造と大家族制度、そして平家の落武者の伝説で知られた所。近年は道路が整備され、観光地として脚光を浴びている。この五箇山はまた民謡の宝庫で、『麦や節』もそのなかの一つ。「こきりこ節」などとともに「五箇山の歌と踊」として国の選択無形民俗文化財に指定されている。この唄(うた)の源流は、石川県能登(のと)半島の輪島地方で歌われていた、そうめんづくりの仕事唄である。それを、冬の農閑期に輪島地方へそうめんづくりに行っていた五箇山の人たちが持ち帰って歌っていたものを、明治時代の末、歌曲を整理し、いまの形にした。「麦や菜種は……」と歌い出すところから『麦や節』と名づけられ、菅笠(すげがさ)を持ち、紋服に袴(はかま)をつけ、白だすき姿の若者のきびきびした踊りがつく。[斎藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

麦や節の関連キーワード磯節合掌造五箇山五箇所商人五箇の調べ小切子節立山節五箇年計画小切子踊水上善治

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone