コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻の葉模様 あさのはもよう

百科事典マイペディアの解説

麻の葉模様【あさのはもよう】

麻の葉形を図案化した連続模様。染織をはじめ千代紙などの工芸品,建築意匠などに応用される。麻は生長が速く丈夫なので,めでたい模様とされ,特に産着(うぶぎ)につける風習がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あさのはもよう【麻の葉模様】

6個の菱形の各頂点が中心となる1点で接し,さらに各頂点から中心点に直線を引いた幾何学文様。普通連続させ麻の葉つなぎとして用いる。東西に古くからみられる文様で,日本では平安時代の仏像の衣に切金(截金)(きりかね)で表されているのが古く,室町時代の繡仏や幡(ばん)の地縫いにもみられる。近世になって,タイマの葉に似ているところから〈麻の葉〉と呼ばれるようになり,庶民的な文様として親しまれた。応用形や変化形も多く,染織品,欄間,千代紙などにも見られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

麻の葉模様の関連キーワード板締絞

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

麻の葉模様の関連情報