コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繡仏 しゅうぶつ

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうぶつ【繡仏】

刺繡で仏像もしくは仏教的主題をあらわしたもの。繡は製作に時間と労力を要するが,織物染物に比して簡単な用具(装置)で処理できるため,最も古くから行われた布の装飾技術の一つである。繡仏に関する記録も古く,推古13年(605)繡丈六仏製作の誓願(《日本書紀》)をはじめとして各書に記事が見えるが,いずれも中国の影響によるものである。厳密には繡仏とはいえないが,作期の明らかな最古の遺例は飛鳥時代の《天寿国繡帳》(中宮寺)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の繡仏の言及

【刺繡】より

… 唐代は古典としての完成が指摘される。繡仏(しゆうぶつ)という特殊な例ながら,《刺繡釈迦説法図》(奈良国立博物館)は《勧修寺繡帳》の名で知られ,縦200cm,横105cmの大作で,霊山における釈迦説法の情景をあらわす。製作地について日・中両説あるものの,刺繡の技術としては盛唐の様風を示すと考えてよい。…

※「繡仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

繡仏の関連キーワード縫い仏・縫仏麻の葉模様絽刺し

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android