切金(読み)きりかね

日本大百科全書(ニッポニカ)「切金」の解説

切金
きりかね

截金とも書く。金銀(はく)を細線状あるいは小さな三角、四角などに切ってはり、文様を施す手法。主として仏画仏像彫刻などの装飾に、他の顔料(がんりょう)とともに用いられる。金銀の泥(でい)を使って筆で描くより技術的にはめんどうであるが、仕上がりが明確で、装飾的効果が高い。

 起源は中国で、奈良時代に唐からもたらされたが、平安時代以後日本独自の発展を示した。初めは比較的単純なものであったが、平安後期、とくに院政期の仏画には繊細で精緻(せいち)な切金意匠が尊像を飾り、鎌倉時代には文様も複雑化し、また技巧に走りすぎる傾向が強くみられる。なお古くは細金(ほそがね)と称された。

[村重 寧]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「切金」の解説

切金【きりかね】

截金とも書く。金銀の箔(はく)を細い線や点に切って種々に張り合わせて文様にする日本独特の装飾法。主として仏像仏画の衣文,光背,台座に使用。奈良時代に中国から伝えられ,平安中期に急速に発達,曲線を含めた華麗な文様が自由に表現できるようになった。鎌倉以降技巧に走って装飾過剰になり,生命を失った。各時代の特色が顕著なので仏像仏画の制作年代の推定にも役だつ。
→関連項目切箔

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「切金」の解説

切金
きりかね

截金とも書き,古くは細金 (ほそかね) とも呼ばれた。金銀の薄箔を 3mm前後の幅で細長く,あるいは三角や四角に切り,これを (にかわ) で張付けて装飾文様を作る技法。絵画,彫刻,工芸 (蒔絵) の各分野に応用される。法隆寺金堂の『四天王像』に最古の例があり,平安時代から鎌倉時代にかけて最も盛行した。

切金
きりがね

きりきん」とも読む。 (1) 金銀を任意の形に鋳造所要に応じて切取り,秤量して使用した貨幣の一種。 (2) 江戸時代,利息付金銭債権に関する訴訟 (→金公事〈かねくじ〉) において,債務額を年賦または月賦で分割弁済させた方法。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「切金」の解説

きり‐かね【切(り)金/×截り金】

仏画や仏像の装飾に使う技法。細長く切った金や銀の箔を用いて、衣などに繊細華麗な文様を描き出す。平安時代から鎌倉時代にかけて盛行した。
金銀の薄板を小さく切って、蒔絵まきえの中にはめ込む技法。箔より少し厚めのものを用い、図中のなどにあしらう。

きり‐きん【切(り)金】

室町時代、金の延べがねを必要に応じて切り、はかりにかけて貨幣として使ったもの。
きりがね

きり‐がね【切(り)金】

江戸時代、債務を分割して弁済する手続き。また、その額。きりきん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「切金」の解説

きれ‐きん【切金】

〘名〙 江戸時代、通用の小判、一分金などの金貨のうち、表面が切り裂けているもの。疵金(きずきん)同様一般にきらわれ、両替屋などで手数料を取って引替えに応じた。
※雑俳・桜多留(1820‐27)二「腹いせにきれ金撰て五両出す」

きれ‐がね【切金】

〘名〙 関係を断つしるしの金。手切れ金。
※人情本・婦女今川(1826‐28)七「それが切(キ)れ金(ガネ)になりまして、恋しい念も晴しまして一生御恩は忘れますまい」

きり‐きん【切金】

〘名〙 室町時代に各地で作られた金の延金(のべがね)を必要に応じて切り取り、秤量(しょうりょう)し、貨幣として使った金。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android