コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄さび病(チモシー)

飼料作物病害図鑑の解説

黄さび病(チモシー)

さび病の一つだが、被害はさほど大きくない。葉、葉鞘および稈の表面に橙黄色、楕円形、長さ1mm程度の腫れ物状の病斑が縦に連なるようにできる。病斑は成熟すると表面が破れて夏胞子を飛散させる。冬胞子堆は葉では裏に生じることが多く、灰黄色、あまり隆起しない。病原菌はケンタッキーブルーグラスの黄さび病菌が寄生したものとされる。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android