コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒さび病(ライグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

黒さび病(ライグラス)

葉にさび胞子堆を形成する糸状菌病。発生は北海道の一部地域に限られ、被害は小さい。さび病独特の腫れ物状の病斑を形成し、病斑は赤褐色または鉄さび色、楕円形〜条状で、長さ1〜2mm、幅0.5〜0.6mm程度となり、これが融合して不規則な形になる。成熟すると表皮が破れて中から赤褐色の夏胞子を飛散し、まん延する。夏から秋にかけて病斑は黒褐色になり、冬胞子を形成して越冬する。病原菌はオーチャードグラス菌とは寄生性が異なる。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

黒さび病(ライグラス)の関連キーワード黒さび病(チモシー)植物病理学キク

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android