コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒ぼく クロボク

デジタル大辞泉の解説

くろ‐ぼく【黒ぼく】

腐植に富み、軽くて粘りけの乏しい黒色の土壌。火山灰土に多い。くろぼこ。
火山から噴出してできた多孔形の溶岩。関東では多く庭石として用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くろぼく【黒ぼく】

〔「くろぼこ」とも〕
〔踏むとぼくぼくする黒い土の意〕 腐植に富んだ団粒構造が発達して空隙の多い、黒色の表土。くろにが。くろのっぽ。黒土くろつち
火山から噴出した形の変わった溶岩。庭石に使う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

黒ぼくの関連キーワード伯耆(町)アンドソル火山灰土壌黒ぼく土火山灰土団粒構造北条砂丘蒜山原黒ぼこ浅尾原土壌図くろ芸濃土壌腐植蒜山表土黒色黒土空隙

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android