コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒星病 クロボシビョウ

3件 の用語解説(黒星病の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くろぼし‐びょう〔‐ビヤウ〕【黒星病】

果実や葉に黒い斑点を生じる病害。ナシ・リンゴサツマイモやバラなどでみられ、ある種の糸状菌の寄生による。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くろぼしびょう【黒星病】

ナシ・カキ・リンゴなどの病害。葉や果実に黒色の小斑が生じ、果実は硬化し裂ける。夏場に発生。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒星病
くろほしびょう

リンゴ、ナシ、カキ、モモ、スモモ、ウメ、アンズミザクラ、サツマイモ、キュウリ、バラなどの病気で糸状菌の寄生によっておこる。いずれも葉や果実に不規則な形の黒い小さな斑点(はんてん)ができるので黒星病と名づけられているが、病原の種類はそれぞれ異なる。リンゴ、ナシではベンチュリアVenturia属、モモ、スモモ、ウメ、アンズ、ミザクラおよびキュウリではクラドスポリウムCladosporium属、カキではフシクラディウムFusicladium属、サツマイモではアルテルナリア・バタティコラAlternaria bataticola、バラではディプロカルポン・ローザエDiplocarpon rosaeという菌の寄生による。ことにナシとリンゴの黒星病の被害が大きく、重要な病害の一つである。キュウリ黒星病は関東以北で発生が多く、新芽が侵されてキュウリの生育が止まる。バラ黒星病はバラのもっとも重要な病気で、葉に比較的大きな星状の病斑ができ、病気にかかった葉はすぐ落葉する。バラ黒星病は黒点病(こくてんびょう)とよばれることもある。[梶原敏宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒星病の関連キーワード高温障害赤星病葉枯れ病白斑病散斑飴斑斑点病(オーチャードグラス)ひょう紋病(オーチャードグラス)ひょう紋病(チモシー)すす葉枯病(ローズグラス)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒星病の関連情報