コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒橡 くろつるばみ

色名がわかる辞典の解説

くろつるばみ【黒橡】

色名の一つ。ドングリ煎汁せんじゅうを鉄媒染で染めたみがかった。泥で染めたような黒は身分の低い者が着用する衣服の色であったが、ドングリによって染めた黒橡は貴人の喪服に用いられ、伝統色名として受け継がれてきた。「橡」とはブナ科クヌギの古名で、その実のドングリを古来から染色に用いてきた。媒染によって色が異なり、灰汁あくを用いて染めるととなる。赤白橡青白橡は「橡」という言葉を用いるが、橡を使って染めた色ではない。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くろ‐つるばみ【黒×橡】

黒に近い濃いねずみ色。喪服に用いる。
「―の御小袿(こうちぎ)に、けざやかなる御色のほど有様など」〈栄花・鶴の林〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

黒橡の関連キーワード

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android