黒沢鷹次郎(読み)くろさわ ようじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒沢鷹次郎 くろさわ-ようじろう

1850*-1919 明治-大正時代の銀行家。
嘉永(かえい)2年11月23日生まれ。明治初期に生糸などの輸出をはじめる。明治10年長野県上田の第十九国立銀行の設立に参加,20年頭取。製糸金融を活発にし,岡谷(おかや)に繭(まゆ)の倉庫をもうけるなど,製糸業発展につくした。大正8年1月27日死去。71歳。信濃(しなの)(長野県)出身。

黒沢鷹次郎 くろさわ-たかじろう

くろさわ-ようじろう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

黒沢鷹次郎

没年:大正8.1.27(1919)
生年:嘉永2(1849)
明治大正期の銀行家。信濃国佐久郡崎田村(長野県八千穂村穂積)の太物中継業,酒造業黒沢利左衛門の長男。明治10(1877)年2月,長野県小県郡上田町(上田市)に,同志と共に,第十九国立銀行を創設。20年1月より病没まで頭取を務めた。頭取就任以来,諏訪郡内の製糸家に対して,繭を担保とした融資,横浜へ生糸を発送する際の販売代金立替払い(荷為替取組)を積極的に行い,器械製糸業の発展に大きく貢献。このほか金融機関の彰真社,長野農工銀行などや上田倉庫,諏訪倉庫の設立,発展に関与した。<参考文献>『諏訪倉庫株式会社社史』『八十二銀行史』,松下軍次『信濃名士伝』

(横山憲長)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒沢鷹次郎の関連情報