コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒沢鷹次郎 くろさわ ようじろう

3件 の用語解説(黒沢鷹次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒沢鷹次郎 くろさわ-ようじろう

1850*-1919 明治-大正時代の銀行家。
嘉永(かえい)2年11月23日生まれ。明治初期に生糸などの輸出をはじめる。明治10年長野県上田の第十九国立銀行の設立に参加,20年頭取。製糸金融を活発にし,岡谷(おかや)に繭(まゆ)の倉庫をもうけるなど,製糸業発展につくした。大正8年1月27日死去。71歳。信濃(しなの)(長野県)出身。

黒沢鷹次郎 くろさわ-たかじろう

くろさわ-ようじろう

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

黒沢鷹次郎

没年:大正8.1.27(1919)
生年:嘉永2(1849)
明治大正期の銀行家。信濃国佐久郡崎田村(長野県八千穂村穂積)の太物中継業,酒造業黒沢利左衛門の長男。明治10(1877)年2月,長野県小県郡上田町(上田市)に,同志と共に,第十九国立銀行を創設。20年1月より病没まで頭取を務めた。頭取就任以来,諏訪郡内の製糸家に対して,繭を担保とした融資,横浜へ生糸を発送する際の販売代金立替払い(荷為替取組)を積極的に行い,器械製糸業の発展に大きく貢献。このほか金融機関の彰真社,長野農工銀行などや上田倉庫,諏訪倉庫の設立,発展に関与した。<参考文献>『諏訪倉庫株式会社社史』『八十二銀行史』,松下軍次『信濃名士伝』

(横山憲長)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒沢鷹次郎の関連キーワード銀行家信濃路望月牧平賀氏長野県南佐久郡佐久穂町畑長野県南佐久郡佐久穂町穂積池田謙三尾高次郎柏木小右衛門串田万蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone