コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田徳米 くろだ とくべい

2件 の用語解説(黒田徳米の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田徳米 くろだ-とくべい

1886-1987 明治-昭和時代の生物学者。
明治19年10月17日生まれ。小学校卒業後,京都の平瀬貝類博物館につとめ,貝類の研究をおこなう。大正10年京都帝大助手。昭和3年日本貝類学会の創設にかかわり,のち会長となる。日本産貝類の分布や種類をあきらかにし,「日本産海棲貝類目録」などを刊行した。昭和62年5月15日死去。100歳。兵庫県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒田徳米
くろだとくべい
(1886―1987)

貝類分類学者。日本の貝類分類学創成期における随一の研究者。兵庫県淡路島福良(ふくら)に生まれる。1901年(明治34)京都に移り、平瀬与一郎が創設した平瀬介館(のち平瀬貝類博物館)に勤め、事業を助けるとともに貝類研究に従事。1921年(大正10)京都帝国大学理学部地質学鉱物学教室助手となり、標本・図書の維持管理にあたり、1937年(昭和12)台北帝国大学理農学部に転じ、1940年辞任した。以後、京都帝大理学部附属瀬戸臨海実験所、資料科学研究所、連合国最高司令部(GHQ)天然資源局などに嘱託、顧問として関与した。この間、1928年日本貝類学会設立に参画、1948~1963年(昭和23~38)同学会会長、以後名誉会長となる。多数の研究論文を著し、多くの後継研究者を育成した。焼失するような財物などは持たざるにしかず、として貝集めを廃し、手記記録をもっぱらとした。1947年京都大学より理学博士の学位を授与された。[原田英司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒田徳米の関連キーワード上野益三内海富士夫緒方大象可児藤吉佐藤煕高木逸雄津田松苗藤井隆前田鼎牧野四子吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒田徳米の関連情報