コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒痣 クロアザ

デジタル大辞泉の解説

くろ‐あざ【黒×痣】

皮膚に生じた黒または褐色の斑紋。メラニン色素を含む細胞が増殖したもので、小形のものはほくろと呼ぶ。色素性母斑。
打撲などで皮下内出血が起こり、青黒く見えるもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くろあざ【黒痣】

淡褐色ないし黒褐色を呈するあざ。多くは生まれたときすでにあるか、生後間もなくできるものもある。色素性母斑ぼはん。 → 母斑

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

黒痣の関連キーワードまんのう長者メラニン色素色素性母斑微粒子病ほくろ淡褐色細胞皮膚斑紋母斑褐色

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android