コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

3F爆弾 さんエフばくだん fission-fusion-fission bomb

2件 の用語解説(3F爆弾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

3F爆弾
さんエフばくだん
fission-fusion-fission bomb

戦略兵器として用いられた熱核爆弾の一形式。引き金として分裂反応 fissionを用い,それによって重水素融合反応 fusionが起り,さらにタンパー (外皮) の天然ウランの分裂反応 fissionが起るので,その頭文字を取りこの名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

3F爆弾【さんエフばくだん】

水素爆弾の外側を天然ウラン238Uで包んだもの。まず起爆用原子爆弾核分裂fissionし,次に水素同位元素が核融合fusionを行い,これから出た高速中性子238Uが核分裂fissionするのでこの名がある。
→関連項目核兵器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

3F爆弾の関連キーワード劣化ウラン原水爆天然ウランウラン爆弾Hbomb核爆弾リチウム爆弾ウラン転換ウラン濃縮工場天然ウラン炉

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone