コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

3F爆弾 さんエフばくだんfission-fusion-fission bomb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

3F爆弾
さんエフばくだん
fission-fusion-fission bomb

戦略兵器として用いられた熱核爆弾の一形式。引き金として分裂反応 fissionを用い,それによって重水素の融合反応 fusionが起り,さらにタンパー (外皮) の天然ウランの分裂反応 fissionが起るので,その頭文字を取りこの名がある。天然ウラン 238を使うので比較的安価で大爆発力を生じるが,分裂反応の部分が多いので,放射性の分裂生成物を大量に生じ,いわゆる「きたない水素爆弾」となる。 1954年3月のアメリカのビキニ実験で最初に使われた。現在の核兵器にはほとんど使用されていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

3F爆弾【さんエフばくだん】

水素爆弾の外側を天然ウラン238Uで包んだもの。まず起爆用原子爆弾が核分裂fissionし,次に水素同位元素が核融合fusionを行い,これから出た高速中性子で238Uが核分裂fissionするのでこの名がある。
→関連項目核兵器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

3F爆弾の関連キーワード原水爆禁止運動ステージング融合兵器

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android